美容・コスメ

ゼロ食品

お酒やbottle、食品のパッケージに「0(ゼロ)」の表示を最近良く見かけます。

ゼロの成分は糖質、糖類、脂肪、コレステロールなど様々

糖質糖類のゼロはアルコール飲料や炭酸飲料で良く見かけますね。

この糖質と糖類はどう違うかと言うと

糖質は炭水化物から食物繊維を除いたものの総称

ダイエットに効果のある食物繊維を除いた糖質はエネルギー源となります。

糖類は糖質を構成する成分の一つ

糖の最小単位のブドウ糖、果糖の「単糖類」、それが2ツくっ付いた「二糖類(砂糖、乳糖、麦芽糖)」などを指します。

要約すると、炭水化物の中に糖質があり、糖質の中に糖類があると言うことです。

それではゼロは本当に0なのでしょうか?

成分の表示は健康増進法に基づく栄養表示基準で定められてます。

それによると「ゼロ」という表記は完全に0でなくても一定基準を下回っていれば「ゼロ」「ノン」「レス」と表示できます。

「ゼロ」と表記できる基準(100g《ml》当たり)

  1. エネルギー  5kcal未満
  2. 糖質      0.5g未満
  3. 脂質      0.5g未満

アルコールwineが好きでも太るから…「ゼロ」飲料はそんな方に最適と思われます。

でも油断は禁物です。程ほどに。

目の前で彼は美味しそうに酎ハイを飲んでます。君も程々に。

睨んでも効き目無しだね。

26日夕飯

焼き鳥。茄子と揚げの煮浸し、ねばねば2種(おくらと長芋)26

27日夕飯

牛カルビタレ漬け焼き27 ・カニカマサラダ・卵豆腐

何かこの頃居酒屋メニューみたい(笑)

呑んべぃさんの影響かな?

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (5) | トラックバック (0)