« 骨密度 | トップページ | 海峡花火 »

これは?

雨上がり

こなつの散歩途中に不思議な物体発見!!Photo

いったい何だ?

直径10センチ以上のまあるい物体

こなつがクンクンPhoto_2


ねんねさんもクンクン

あら嫌だわ

ねんねさんも犬になっちゃったわ

どうも「おにすべ」と言う茸の一種らしい

香りもないけれど、生えたばかりなら食べられるようですよ。

Photo

最近の散歩道では茸がその辺りにニョキニョキ

これも正体不明だ1


多分食べられないでしょうね

昨日の豪雨・・・・

こんな日にはお出かけしたくないのですが、どうしてもと言う用事があり

sprinkleをさし、長靴・・・これで少々の雨には対応できるだろうと重いましたが

甘かったsaddown

家を出て直ぐあららららら

これは大変

長靴の半分くらいの高さまで水位がDvc00261画面左は深さ1メートル以上もある側溝でそれを超えた雨水が路上を占拠

エンヤラ、コラショと水に足をとられないようにゆっくり歩いていたら、通り過ぎる車から容赦ない水はね

頭から容赦ないシャワーを浴びてしまった

社名を付けた車もその中にあったのよ

全国に支社があるような配置薬の会社名も見受けられたの

ねんねさんは思いましたこの会社は絶対に利用しないと・・・・ちょっぴり心が意地悪になってしまったよ

「ねんね」からのお願いです。
何時もコメントをいただき大変感謝しております。

本文と関係ないコメントは申し訳ありませんが、削除させていただくことにいたしました。
ご訪問いただくことは嬉しくコメントされる方には折り返しブログに訪問させていただきたく思いますのでURLは付けてくださると嬉しいです。
だってね、此処からお友達の輪が広がると、本人は思っていますので
色々書いて申し訳ありませんが宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

↑↑2つもお願いして申し訳ないですが・・こちらもポチっとしていただけると喜んで舞い上がります。豚もおだてりゃ木に登るの心境です。昨年同様今年も宜しくお願いいたします

|

« 骨密度 | トップページ | 海峡花火 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

  雨の後の草原とかには変なものがニョキニョキですね
危険なものもあるのでむやみやたらにお顔を近づけるのは危険ですよ


 それにしてもいくら雨がひどいとはいえ、歩行者に水をかけるなんてひどすぎる
社名覚えて正解です~
私もそんな人のいる会社は敬遠です

 いじわるじゃなくて人として当たり前の感情ですよ

 こなつちゃん、後姿だけど大きくなりましたね

 

投稿: もえぎ | 2014年7月18日 (金) 23時37分

 あらあら、キノコが二種類も・・・・・。
正真正銘の天然ものですね。

 頭から容赦ないシャワーを・・・・・・。
災難でしたね。
その後、体調をくずしたりしませんでしたか?
こなつちゃんは?

 私も、ハンドルを握る身、思いやりがある運転を心がけます。

投稿: ゆうき | 2014年7月22日 (火) 20時53分

もえぎさん
 コメント有難うございます
 道路脇の茸、雨が多いからニョキニョキと生えてきたものでしょうが、ほとんどが食用では無いようで・・・
 思い切り吸い込んだりしないようにしていますが・・・でも香りがあるかしらと興味は尽きません
 今年の梅雨は集中豪雨的な雨ばかり。お友達は水不足にならなくて良いじゃんとは言いますが、増水で水はねの被害はご遠慮なんですよね
 意地悪ねんねさんと思われなくて良かった
 こなつも順調に大きくなってます。ぷりぷりのお尻がかわいいでしょ?でも引っ張る力が強くて油断できませんよ

投稿: ねんね | 2014年7月24日 (木) 22時13分

ゆうきさん
 コメント有難うございます
 天然物の茸食べられると良いのでしょうが・・・やっぱり食いしん坊のねんねさんだわ
 綺麗なお水のシャワーなら我慢できますが、汚水や雨水なので許せないですよね
 車を運転する人がゆうきさんのように気をつけてくれるといろいろなトラブルが起きないのですが・・・・ 
 幸い気温が低い時期ではないから風邪は引きませんでした
 ねんねさんもこなつも元気いっぱいですhappy01

投稿: ねんね | 2014年7月24日 (木) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059791/56637672

この記事へのトラックバック一覧です: これは?:

« 骨密度 | トップページ | 海峡花火 »