« おいでおいで | トップページ | 星に願いを »

廃墟?

ねんねさんの生まれ育った「彦島」

造船業界華やかなりし頃には人口も多く活気に満ちたところでした

卒業した小学校、中学校と生徒の数も多く
マンモス学校と呼ばれていた
中学校なんかは1学年20クラスも有ったの(団塊の世代だもんね)

最近は造船業界も景気が冷えてきて、尚且つ高齢化が進み

あちらこちらに空き家が目立つ

先日もちょっと実家近くを歩いてみたら・・・

この辺りに、友人の実家があったと思われるところは・・・Photo_3 家も無く荒地、画面中央に井戸が残されてます。

これが、かつての生活の跡を記しているように思える。

路地を少し入ったところに

ボロボロでちょっと強い風が吹くと倒れそうな長屋Photo

無人のようですね。でも花は誰もいなくても咲いているPhoto_2

お世話をしてくれる人も、花を咲かせたことを褒めてくれる人も居ないのに

健気(ヒメツルソバです)

「ねんね」からのお願いです。
少し前から本文と関係ないコメントが入っており
見ていただくことは、大変嬉しいのですが、
本文とはかけ離れたコメントは削除させていただくことにいたしました。
それとコメントされる方URLは付けてくださると嬉しいです。
だってね、此処からお友達の輪が広がると、本人は思っていますので
色々書いて申し訳ありませんが宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

↑↑2つもお願いして申し訳ないですが・・こちらもポチっとしていただけると喜んで舞い上がります。豚もおだてりゃ木に登るの心境です。今年も宜しくお願いいたします

【サブウェイ】アンケートにお答えいただいた方から抽選で無料お試し券プレゼント!

|

« おいでおいで | トップページ | 星に願いを »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ねんねさんこんにちは、懐かしいですねぇ・・・・・私も彦島育ち・・・・・同じ小学校、中学校かなぁ?・・・・「本村小」、「彦中」ですが・・・・・私もたまに行く事があるのですが、生まれた所は今や駐車場・・・・町はずいぶん歯抜け状態・・・・・知り合いもまだいるのですが、結構彦島から出た人たちは多い様で、私もその一人・・・・仕方ないですねぇ、色々な人たちの人生があるので・・・・・・西山の海水浴場は全く昔と変わりましたね・・・・・ココでは幼い頃の思い出がたくさんあったのに・・・完全に大変わりしていて、ショックでした。

投稿: 西の端 | 2012年12月11日 (火) 12時53分

 お写真にある風景、初めて見るのに、どこか懐かしさを感じます。
私が小学生位だった頃、実家周辺がこんな風でした。

 私の母校も、私が在籍していた当初は、県下一のマンモス校でした。(41~42人学級×11)顔と名前が一致しない同級生がたくさんいます。今は、その半分。時代の流れとはいえ、寂しいです。

投稿: ゆうき | 2012年12月11日 (火) 20時45分

西の端さん
 お久しぶり、コメント有り難うございます
 私は「江の浦小」「彦中」ですが何処かですれ違っていたかも知れませんね。
実家が江の浦ですので三菱造船所の浮き沈みが生活環境にもろ出てきます。
 女性の同級生は、結婚して殆ど彦島から出て行ってます。男性も、遠くに就職した人ばかりで、彦島は高齢者ばかり
 老の山やヒコットランドマリンビーチなども整備されて昔の面影は何処に??って感じになって
小さい頃遊んだ山、海の様変わりに唖然・・・設備の便利さ、合理的使い良さを追求すると仕方の無いことかも知れませんね
 あと少しで今年も終わりです。風邪などひかれませんように、体調に気をつけて新しい年を笑顔で迎えたいですね。
 
 
 

投稿: ねんね | 2012年12月11日 (火) 21時31分

ゆうきさん
 コメント有り難うございます
 ねんねさんの育ったところは、活気があって賑やかだったのですよ
 造船業界が下降気味になって小さな商店がどんどん店じまいして、商店街は閑古鳥が鳴いている、と言うより人っ子一人も居ない状態
 この先ゴーストタウンに・・・・まさかそんなこと無いと思うのですが
 子供の数が減っているのは、何処も同じなんですね。
 寂しいです

投稿: ねんね | 2012年12月11日 (火) 21時39分

 どこも同じですね
戦後の日本を支えて、皆が活気にわいて生活していたころのことを考えると、今の日本はどうなっていくのか心配になることがあります

 子どもたちにもその余波なのか、自分たちの先の未来を描くときにどういう選択がベストであるのか悩むらしいです

 この辺も賑やかな場所であったりしたところはもうさびてるばかり、山間部は若い人もいなくなり独居老人だけというのも・・・

 生活をしていくために離れなければならないのも仕方ないのかと・・・
自分の生きてきた証が変わっていく姿を見るのは複雑な思いですね

 

投稿: もえぎ | 2012年12月12日 (水) 09時26分

もえぎさん
 コメント有り難うございます
 戦後の混乱から高度成長期に、皆頑張っていたのに・・・
 その波が引いていくと共に忘れ去られようとしている街が多くありますね。ねんねさんが育った彦島も明暗がはっきりしています
 子供達が大きくなって、世の中が変っていくのが当たり前でしょうが、生きていた証がどんどん変わって行きその挙句に無くなるのが寂しいです
 

投稿: ねんね | 2012年12月14日 (金) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059791/48124230

この記事へのトラックバック一覧です: 廃墟?:

« おいでおいで | トップページ | 星に願いを »