« 大文字草 | トップページ | 運試し »

鳶に油揚げ

久しぶりにOさんとお茶でもと誘ったら

「今ちょっと出てる」

「何処?」

「考古館近く、お父さんと一緒」って

もしかして、鳶のお相手中?

Oさんのご主人は、鳶のお給仕係

油揚げじゃなくて、食パンを一口大にカットしてウエストポーチに入れ自宅から考古館に来ます

ねんねさんも所用で直ぐ近くにいるんだよ。

大急ぎで用事を済ませ、合流

少し広い空間で口笛で合図するとね何処からか2羽

上空を旋回P1060150_sh01

そのうちに急降下、バサバサと羽音立ててP1060152_sh01

いとも簡単に餌のパンをいただいて再び上空に

「これはツガイじゃな」

あらあら、餌にありつけると何処かで感知したのかもう2羽増えたんだ

テリトリーが有るのか、お互いに牽制

そのうちにカラスさんまでも参加

無駄な喧嘩しても可哀想だからこのくらいに。

又来るね。とP1060151_small

考古館の竪穴式住居は只今補修中Photo

屋根部分に職人さんが乗ってワラを積重ね中Photo_2
Photo_3

一番上に乗っていた職人さんの携帯がなりました。

過去と現代・・・一瞬に並んで見えたね

「ねんね」からのお願いです。
少し前から本文と関係ないコメントが入っており
見ていただくことは、大変嬉しいのですが、
本文とはかけ離れたコメントは削除させていただくことにいたしました。
それとコメントされる方URLは付けてくださると嬉しいです。
だってね、此処からお友達の輪が広がると、本人は思っていますので
色々書いて申し訳ありませんが宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

↑↑2つもお願いして申し訳ないですが・・こちらもポチっとしていただけると喜んで舞い上がります。豚もおだてりゃ木に登るの心境です。今年も宜しくお願いいたします

|

« 大文字草 | トップページ | 運試し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 鳶のツガイのねぐらには、きっときっと守るべき存在があるんでしょうね。
生きていくのに必死なのは、人間ばかりではない。
どうか、どうか、どちらのツガイも、無事にこの冬を乗り越えてほしいものです。

 過去と現代・・・・・昔の人(竪穴式住居が実際にあった頃)が現代の建物を見たら何を思うのかしら。

投稿: ゆうき | 2012年10月27日 (土) 22時45分

ゆうきさん
 コメント有り難うございます
 Oさんのご主人が「ピュー」と口笛を吹くと何処からか現れる鳶の家族
 顔なじみさんも新顔さんも・・・どれも公平に食事できるように分配してるのですが、中には採りそびれてカラスに攫われるものも有るそうなの。
 どの子もこれからの厳しい季節を無事乗り越えてほしいですね
 今の建物の合理性、機能性も本当に日本の気候に適してるとはいえないような・・・昔の方達の生活もそれなりに快適だったのでは?

投稿: ねんね | 2012年10月28日 (日) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059791/47601895

この記事へのトラックバック一覧です: 鳶に油揚げ:

« 大文字草 | トップページ | 運試し »