« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

変わって欲しいが…

コネタマ参加中: 政権交代してほしい? ほしくない?

国民の判断が下されましたね。

50年以上続いた自民の天下が崩壊しました。

奇しくも、50余年前に自由党の天下に鉄槌を下したのは民主党。

両党首は吉田茂、鳩山一郎、共に今の麻生の祖父、鳩山の祖父。

因縁対決?

これからの日本を舵取りする民主党さんに頑張ってもらいたい。

選挙前のマニフェストが守られるか?全て実行されるとは思っていないが…

子供たちが安心して暮らせる、弱者が苛められる事の無い社会を作ってください。

以前の自民党の総裁のように途中で投げ出さない。

国民の痛みを判ってくれる政治家さんを。われわれ国民は望んでいます。

自分自身はガチガチの保守的人間。

改革を望みながら…冷めた目で見ている自分自身がそこにいます。

頑張れ日本丸。孫たちが参政権を持つ頃にはもっとましな日本であって欲しい。

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

再生

近くの交番に背丈より少し高めの柊の木が10本あまり生えていました。

花のシーズンにそこの近くを通ると何ともいえない良い香りがしていましたし、時々は枝を失敬していたりして、楽しませていただいていました。

「柊のにおいこぼれる散歩道」

小学校の頃大好きだった男の子が作った川柳ですが、

柊の匂いにその男の子のことを時々思い出していたのです。ところが、先日バッサリと根元から切り倒されていました。

こんな感じPhoto

エー様子が変わっていると思ったら、木が無くなっていたのです。

切った枝を片づけられていたお巡りさんに尋ねると…

「ここはカーブで見通しが悪いから、少しでも見通しがよくなるように」とのお返事。

残念。

もうあの良い香りのする花に会えない。

でも植物の再生能力には驚きです…あれから3週間たった今日見ると、すごいことになってました。

Photo_2

あの全ての切り株から芽吹いているじゃないですか。

愛おしい。人間達から受けた酷い仕打ちにも関わらず、スクスクと。

花が咲くまであと何年かかるか判らないけれど…

見守ってあげたいですね。

再生続きで……

再生なるか、日本丸。

今日は選挙の日Photo_3

私たちの清き1票が生かされるか?

Photo_4

開票速報は民主党の圧勝を報じているが…

日本を変えることが出来るのか?

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はるちゃんのお尻は美味しい?

同僚の「はるちゃん」のお尻は(正式には太ももの付け根)美味しかった。

(断定しても良いのだろうか?)

先日、はるちゃんが犬にガブリとかみつかれたそうです。

美味しそうだったから?

いえいえ、魅力的だったから?

そうじゃなくて犬同士のけんかの仲裁に入ったから、興奮していた相手の犬にガブリとやられた。のが本当の理由。

彼女は近くのおばあちゃんの飼い犬「ポチ」君のお世話もしているのだけれど、

このポチ君若いから血気盛ん。

雄犬にはタイマンを張る。したがって喧嘩も引きも切らず。

その日も彼女と「なつ(彼女の飼い犬)」の3人のお散歩。

慣れている道だから油断してた?

ポチが仕掛けた喧嘩。

仲裁に入った彼女。

その彼女のお尻を喧嘩相手が「ガブリ」

痛かったのだけど、自分の過失もあるから家に飛んで帰り、病院で治療を受け仕事先に慌ただしく出勤。

事の顛末を私に話したのだけど…

破傷風の注射した?狂犬病の心配は?矢継ぎ早の質問に

「消毒して、お薬もらっただけ」

?エッ?それだけ?大丈夫なのかしら?

2日後。

元気そうで一安心。「涎は垂れないし、熱も無いよ」って

向日葵のような明るさ。

喧嘩相手に聞きたいわ。

「はるちゃん」のお尻はどんな味がした?

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

妹は荷物?

愛犬の散歩の途中

「お母さんずるいよ~~」と保育園児くらいの子供が叫んでます。

何かな?と思いながら聞いてると…

「お母さんはお荷物少ないのに、僕はこんなに抱えてるんだよ。」

とバックbagを4ッと傘sprinkleが2本。それを高々と上にあげてます。

お母さんは素知らぬ顔で、どんどん先に行きます。

そのあとをついて行きながら又こう言いました

「お母さんは荷物3ツでしょう、僕のほうが多いじゃないか!」

荷物が3ッ?って鞄が2ッと妹らしき幼児を抱えてます。

妹は荷物か?

彼にとっては、鞄と同一らしいですね。

少しやんちゃな男の子、お兄ちゃん頑張ってね。

もう少し経つと、妹に口では負けるようになりますよbearing

今のうちに主導権を握っていないとね。

今日は今年1番のイベントの反省会

Photo_2

ご協力いただいた方達をお誘いして、慰労会。

Photo_3

お弁当とお刺身とアルコール

2人未成年者が居たにも関わらず、アルコールがどんどん消化されていく、オイオイ未成年者に飲ませていないでしょうね。

保護者替わりとしては心中穏やかではいられない。

早めに退散するべきだね。

不良オヤジたちの餌食にならないように……

早めの、お疲れ様!の挨拶を残し未成年を連れて帰宅。

Photo_4

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコ?

市役所の担当部長さんから名刺をいただく機会があり、

いただいた名刺を見て「?」

薄っぺら~~~~

エコが叫ばれている今の時勢に迎合したものだと思いますが、

これって本当にエコ?かしら。

Photoお役所の自己満足ではないのでしょうか?

我が自治体は市長さんが代わられて、新しい風をと皆が望んだ結果、

市庁舎も建て替えが無く

これはこれで、お金を使わないで済んだから良しとしましょうね。

汚く老朽化した庁舎で働かれている市職員さん、我慢してくださいよ。

まだまだ劣悪な環境で働いている方は多くいます。

雨風がしのげるだけでも良しですよ。

皆さんの自治体ではどのようにしていらッしゃいますか?

聞いてみたいですね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴虫

久しぶりに、鈴虫の大家族が引っ越して来た。

友人のおうちで増えすぎたために、分家となりまして、お家ごと我が家に来ました。

初めのころは、遠慮がちに鳴いていましたが、今は絶好調!!

テレビの音が聞こえないくらい、『リ~~ンリ~~ン

http://www.insects.jp/kon-koorogisuzu.htm

2,3年くらい前までは、毎年孵化させて、楽しんでいたのですが…

奇形などが生まれる確率が高くなり、涙をのんで飼育を断念しました。

ご近所さんは以前電話の回線で鈴虫の鳴き声を聞かせようとしたのですが、

電話では鈴虫の鳴き声は送れません。(周波数の関係のようですが)

http://www.youtube.com/watch?v=5WI6B6opfkw

今年の秋は優雅に虫の声を聞きながら夜長を楽しみましょう。

虫は鳴いても風情がありますが、人間はしゃーしい(せからしい)と嫌われる。

彼のデスクF1000122 の近くに、しゃーしい女性が居るらしい。

静かに心休まる時がないのか?

朝からハイテンション。

キャーキャーと、「おいおいネエチャン、少しはおとなしくしたら?」と、なんで言わない。

昔一言多く言った為に、1人辞めた方が居たようで・・・それからお口チャックらしい。

誰も注意しないから、益々つけあがる。

人の話にすぐ首を突っ込む。「うんうん、そうそう、ねえねえ」

「24時間こんな様子なのかな?よく疲れないなあ」と彼は感心するが、

「それは甘い!!会社でおしゃべりするする人は、家では、会話がないから、エネルギーが余ってるのさ」と私はチクリと言います。

「う~ん」妙に納得した様子。

近くにいっぱいサンプルが居るからね。

人間、反面教師が居ることは幸せ。「人の振り見て我が振り直せ」ですね。

夕飯の写真あと少しで追い付きます

まとめてアップ

20日夕飯

Photo ゴーヤチャンプルー

夏野菜のかき揚げ

21日夕飯

Photo_2

明太イワシ

なすのピリ辛煮

22日夕飯

Photo_3

冬瓜のスープ

揚げ餃子

チラシ寿司

23日夕飯

Photo_4

白身魚のケチャップ煮

サラダ

24日夕飯

Photo_6

ゴーヤの肉詰め

Photo_7焼きうどん

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夕飯続き

14日夕飯

豚味噌ステーキ

薩摩揚げ

Photo 暑い夏を乗り切るために夏バテ防止に豚肉さん

15日夕飯

Photo_2 ほたてのバター焼き

イワシ香味焼き

16日夕飯

タコ刺し(母の友人が釣ってきたもので、小さかったけれど、新鮮でおいしかった)

マグロ丼、なすのみそ汁
マカロニサラダ、

漬物は自家製のビール漬け(野菜もこの時期はキュウリ、ナスなどいっぱい取れるから値も安くなり、ふんだんに使えますね)Photo_5

17日夕飯

豚生姜焼き

かぼちゃのココット

友達よりかぼちゃをいただきましたので…今年は例年に比べて日照時間が短いからスイカ、かぼちゃは、不作の模様

おいしくないよと前置きされて2玉いただきましたが、なかなかどうして甘さもありGOOD

Photo_6

Photo_4

18日夕飯

沖縄料理フーローマーミこのあたりでいわゆる 「ささげ」です

Photo_10おこわ等に使われるささげ豆の若いさや

長いものは2メートルくらいになるものもあります。

フーローマーミーの炒め物

Photo_11 灰干しさんま、ジャンボ稲荷寿司

19日夕飯

Photo_12 鶏つくね、

クラゲの酢の物

夏野菜のラタトゥユ風

ご飯はよそって食べようという気が起きないので「おにぎり」にしちゃいました。

p>にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夕飯

PCの異常から撮り溜めていた画像が散在してしまいまして、あせりましたsweat01

幸い画像のほとんどは、外付けのハードディスクに記憶させていたから、

事なきを得ましたが、

無くなったものも…まあ仕方がないですね。

(きちんとバックアップしていないかった私のミスであり、不慮の事故ですよね)

夕飯の画像も毎日の記録として残して置かなかったミスです。

一応残っているものだけでも…

6日、献立

王将の餃子

Photo

Photo_2肉団子の甘酢あんかけ

7日夕飯

冷やし中華Photo_4

8日

この日は祭りのボランティアのため夕食は屋台の焼き鳥、フライドチキン等で済ませました。

9日夕飯Photo_9

サバフライ、冷ややっこ

10日夕飯Photo_6

蒸し鶏サラダ、ごぼうとこんにゃくの煮物

11日夕飯Photo_7

サイコロステーキPhoto_8

カルビチャーハン

12日お弁当

前日の献立がほとんどPhoto_10を占めます(手抜きそのもの 笑 )

13日ホテルでバイキングでした。

続きはまた明日のお楽しみ

p>にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高校野球

全国49校の頂点に立つ優勝校が決まりました。

決勝戦は新潟代表の日本文理、愛知県代表の中京大中京の組み合わせで

中京大中京の優勝。

昨日の花巻東の菊池選手のように体の不調をおしてまで燃え尽きようとする

高校球児魂は理解に苦しむ。

私が母なら、止めるだろう。

でも後になって子供から恨まれるかなあ。それもいやだなあ。

甲子園で活躍した選手が後年大選手になるという話もよくありますね。

プロ選手となるためのステップの甲子園にはなってほしくないです。

賭け(?)には負けましたが…「中京大中京」おめでとうございます。

少しばかり儲け損ないました。(笑)

p>にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ちょっと汚い話でごめんなさい

健康のバロメーターで毎日の排泄物(ウ○こ)に関心を持っている熟女3人の笑える話。

1人めの彼女が、ご主人の後すぐにトイレに入ったら…流してない!!

結婚して初めて見たご主人のウ○コ君に、「もうびっくりした!」ですって

「で、で、どうした?」

「どうもこうも無いよ。見たことない物体」??

http://www.binchoutan.com/unchi.html

形色などで、健康が判るらしいのですが…

「落ち着いて見たの?」興味森々のねんねさんとしては、その後の対処に言及しますが、

彼女はそれどころではなかったようです。

変わって、私の家での出来ごと。

父が、以前お泊りしたときの事

トイレから呼びます

「おーい、流れんぞー」

水が出ないのかしら…と思いつつのぞいてみると、ナガ~~イ、ウンチ君が便器に横たわってます。

「ワッこりゃすごい」3,4回流してやっと、お隠れになりました。

家の彼に話しますと、1本糞って表現するんです。

で時々立派なのが出ると報告するんです。

「1本糞、出たぞ~~」(黄金伝説の浜口君の口まねで)

亡き父が、残した我が家の黄金(?)伝説。

あれ以上の物はお目にかかってません。

トイレ続きで2つほど

近くの食品スーパーのトイレPhoto

新しいから気持ちよく使えるのですが…

こんな張り紙もでもねPhoto_5 Photo_3

ペーパーストッカーに鍵が…

こんなものも盗む人がいるのかしら?

大型商業施設でのトイレはPhoto_4

鍵は掛かってない。寛容なのですね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

子供

30年来の友人Uさんに久しぶりに会った。

前に会った時は何か浮かない顔、理由を聞くと、「妹がね、病気だから付き添ってあげないといけないの」と。

あまり詳しくは聞けなかったけど、大変な病気であることは、彼女の様子からして判ったのですが、

あれから半年近くなる。

今回会った時は、少し余裕がありそう、聞いても構わないかな?

それとなく、妹さんのことを尋ねてみたら、彼女も誰かに聞いてもらいたかったのでしょう、心の内を吐露された。

彼女の病気は癌…子宮癌

足の付け根に痛みを感じ、歩行も困難になり、

総合病院で癌と診断されたが、セカンドオピニオンを求めて、有名な婦人科の先生に診断してもらいました。

やはり同じ診断

それからは、彼女の行動はすごい。

ネットの情報を集め、

ガンセンターの専門医に診察受けるところまで、とんとん拍子に話を付け、手術。

経過は良好。

入院中はUさんのお子さんが有休休暇を取り、病院近くのホテルから通って付き添っていた。

Uさんが「会社を休んでまで付き添わなくてもいいわよ。」というと

「大丈夫、今までまじめに勤めていたのだから、こんなことで頸にする会社ならこっちからやめてやるよ。それに叔母さんには、子供がいないから、僕たちが代わりをしないといけないよ」ですって。

Uさんは早くにご主人を亡くされ、女手で2人の子を育て上げました。

きっとお母さんの姿を見てまっすぐに育ったのでしょう。「子育ては間違っていなかった」と

すこしホロリとしました。

子供って、親が願えば、まっすぐに育つものだと思います。

「忙しくしていて構ってあげられなかったのに、良い子に育ったと感謝してます」と。

天国にいるご主人安心してね。

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バイキング

restaurant食べ放題って良い響き。

昔からこの手の物には弱いhappy01

ましてや、お肉の姿があれば、もう最高

関門海峡花火大会の当日13日は

今年前半頑張った自分へのご褒美で、

ホテルPhoto でバイキングPhoto_2

周りは花火大会で大盛り上がり

朝から降り続いていた雨も、花火が上るころには、止んでいました。

ホテルの最上階のビヤガーデンでは可動式の屋根だから、濡れる心配は無かったのですが、
やはり屋根が無くて、開放的なのがいいですよね。

Photo_3

Photo_4大きな尺玉bombannoyは厚い雲に遮られ、下半分しか見られないdown

今年も1万発以上の花火が上りました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

集中豪雨の続き

佐用町の水害の続き。

知り合いの女の子(清〇ちゃん)が被災したのでは?

と思って心配していたが、

今日Fっ子ちゃんの計らいで、無事のメールが来たのです。

泥水の片付けで今大変なようで……Photo

早く元通りの生活が出来ますように。

清〇っちゃん、落ち着いたら、こちらにも遊びに来てね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

集中豪雨

今年は各地で異常な雨が記録されています。

ゲリラ豪雨

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090810-00000004-maip-soci

兵庫県佐用の被害の状況を見るにつけ

以前一緒に働いていた子の安否が心配。

バイトに来ていた女子大生、卒業して地元に帰り就職。

元気で頑張っているだろうとは思うが、被害に遭ってはいないか?

心配、心配。

激しい雨の予兆として、積乱雲が発生 する。

Photo_3

朝から蒸し暑く、その後 急激な気温の低下

雨の予測はつきますが、降雨量などは予測できませんね。

こんな空模様Photo_4

その直後には必ずと言って良いほど雨に遭います。

民間のシステムで、ゲリラ豪雨を予測しようとしていますが、未だ不十分。

地球上で何かが起きているのでしょうか?

自然を破壊した人類に警鐘を鳴らしているのか?

後世に美しい地球を残しておきたいPhoto_5

このような田園風景がずーっと見られます様に。

米の文化が無くならない様に。

祈ります。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今年の一大イベント

地域の夏祭り。

この時期は色々なところで夏祭りが開催されます。

単一の自治会では人数や、予算の関係で、開催が困難でも

連合の自治会になればannoy花火や、盆踊り等の夏祭りも盛んに行なわれています。

此処の地域の夏祭りは、

単独の自治会で開催されて、20年以上も続いてます。Photo

手づくりのアットホームな感じで、子供達、若者、老人、近隣の住民と多くの参加をいただき、大いに盛り上がりました。

焼き鳥、焼きトウモロコシ、フライドポテト、うどん…Photo_2

材料の調達、調理、販売、住民の皆さん方の努力のたまもの。

祭りの前、準備に余念がありません。

多くの方達に喜んでもらえること

この心で奉仕の方達ばかり。

イベントは、マジック、子供エアロビ、平家踊り。

段々と暮れてくると、お客さんたちも増えてきましたね。

店番の昔の嬢ちゃんたちPhoto_3 Photo_4

子供達も出番を待っています。

エアロビの子供達そろそろ始まりますよ。

平家踊りは、テンポが速いから、手ブレ、半端では有りません。Photo_5

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サザエ飯

昨日、いただきました。

何って、サザエ飯ですよ。

みっちゃんお手製のサザエ飯。Photo

一人ずつオニギリにしています。

彼女の実家は島(蓋〇島)です。つまり、彼女は「ミス蓋〇島?」

口の悪い人は、「住んでいる人が少ないから、誰でも『ミス』になれるんだよ。」って。

そう誰かが言っていました。

(私?私も島育ち、でも彼女とは違い、住民は、下関でも多い地区です。容姿は…ご想像にお任せします)

みっちゃんのご両親が漁師なのと、この島の産業は漁業が主流であることで、

海産物を使った料理はお手の物。

朝早くから、職場の皆に食べさせるために

家族のお弁当を作りながら、サザエを下ごしらえし、それを入れてご飯を炊き…

もう目が回りそうな忙しさだったそうです。

ありがとう、素敵な昼食をいただきました。

そして、今日も又お昼ご一緒。

みっちゃん&Fちゃんそして私。

目立ちだしたFちゃんのお腹を触って、妊娠していた頃の思い出談義。

胎動を感じ、母となるべく準備を着々としています。

お腹を触ってベビーに話しかけ、触ってみて心臓の鼓動が感じられるといってます。

触ってみるのだけど…

手の皮が、年と共に厚くなり残念ながら感じることが出来なかったwobbly

貴女はしっかりお母さんしてますよ。良いお母さんになるでしょうね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新しい家族

家の彼には、5人の甥、4人の姪がいます。

今年、それも最近甥、姪にそれぞれ男の子が生まれました。

どちらも跡取りに恵まれなかったところに、男子誕生ということで、皆さん喜んでいます。

東京の甥っ子は、女の子姉妹のところに、養子に入ったので、

跡取りが出来るのを待望されていました。

九州に住んでいる姪は、長男の所に嫁に行ったので、これまた、男子を…とのプレッシャー

義姉は、口にこそ出さないが、甥、姪の苦労を見てきているので、

どちらも、嬉しくて、TELの向うの声は弾んでいます。

一番若い(?)オバちゃんとしては、お祝いを弾まなくっちゃ。

それにしても未だ、長男には、跡取りというプレッシャーが付いて回るのですね。

少子化の今の世、どちらが生まれても喜ばないといけないのに、

どうしても男子=跡取り=家の繁栄、なのですね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

肝油

小さい頃、日本全国栄養不足の子供達が多くいました。

少しでも栄養失調を解消するために

1日1粒の肝油を…

給食があるときは、給食に付いてきましたが、

夏休みには、各家庭で補給しましょうと言われ

休みになる前に申し込み、

終業式の後、それぞれ貰って各家庭に持ち帰るようにしていましたが、

これは有料で、貧乏な家庭houseの子は買えるはずも無く、指をくわえてみていました。

肝油の味、形、今でも鮮明に覚えています。

その話が今日の仕事終わりに、はるちゃん、Yさん、私の3人の夏の思い出として大いに盛り上がりましたねup

缶入りで、6角形の形、固めのゼリー状、表面にお砂糖がついていた…etc

美味しくなかったけど、金持ちの子が羨ましく思った。

私の姉の世代は、

給食時間restaurantの後に、一斉に子供達が口を開けていると、そこに先生が1粒ずつ口に放り込んでいく。

こんな情景が良く見られたそうです。昔は欠食児童が、今は血色いいおばさんの出来上がり

私が覚えているのは、6角形だけでなく、

三日月型のオレンジ色の肝油もあった記憶があります。

後DDTの洗礼を受けたとか、無かったとか…

若い方は何のことか?解らないでしょうね。

あなた達のご両親ならわかるでしょうよ。

3日夕飯Photo

白身魚のピカタPhoto_2

高野豆腐の含め煮Photo_3

オクラと茗荷のとろとろ

4日夕飯P1070360

鶏照り焼き

茄子の味噌田楽

5日夕飯Photo_4

カツ2種・くらげと海藻のサラダ・厚揚げの含め煮

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悲しくて

友人の息子さんが亡くなられた。

もう何年も闘病生活を送られていました

同じ病気で奥さんも亡くなられてもう20年くらいになります。 

お父さんは「僕と一緒だから、アルコール好きで…」

闘病中も勤めて明るくされていて、そんなに悪くなってるとは思わずにいたのです。

いきなりの訃報に戸惑い、「どうして?」の気持ちが先でした。

時間がたつにつれて、哀しみと、残された友人に同情の念が涌きます。

老後を息子と一緒に暮らすことにしていた彼

これから、独りであのお家に居ることになるのでしょう。

息子さんのご冥福を祈ります。

それにしても、

高齢化が進む今の世の中

わたしの周りにもシングルになった方達が多くいます。

男はうらぶれて、侘しくなっていきますが、(男やもめにうじが涌くの言葉がピッタリ)

家の彼もいつも言います

「もし貴女が先に死んだら、スーパーの惣菜に、毎日アルコールを飲み、グウタレの生活になるんだろうね」って。これでは先に死なれませんね。

女性は逞しい。

当初は悲しみで後を追うのではないか?と心配した方も、

はつらつと、友人を誘いランチに旅行にと人生を謳歌されてます。

この違いは何なのかしら?

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アイス甲子園

先月31日からシーモールの専門店街でアイス甲子園が始まりました。

日本全国から「あれ?」と思うような材料を使ったアイスが勢ぞろい。

昨年同時期に開催された時も、珍し好きの我が家の住民は、

万難(?)を排して(そんなに大層なものか?)やってきたのです。

又今年もあるから行きましょうとお嫁ちゃんと約束していたからね。

行って来たよ!!Photo_4

今年は珍(?)アイスは遠慮して、

アストニッシュアイスPhoto_5

マイナス10℃に冷した大理石の上でミックスフレーバー&フルーツを混ぜAisu

カップに入れハイどうぞhappy01

新しい食感で

う~ん旨い!

今回はハナマルです。

このシリーズは前半だから、後半は生口島、瀬戸田のレモン・デコポン・夏みかんのジェラートを食べに行かなくっちゃ。(未だ食べるんかい!)

夕方、近くの海岸に出かけてみる。

先日ネットで色々なブログにお邪魔しているときに、此処にある慰霊碑のことを書いていらした方の記事で俄然興味をかき立てられ、どうしても訪ねてみたく・・

新垢田の人工島に通じる橋の袂、Photo_6

夕なぎ公園の近くにそれはありました。Photo_7

第2喜佐方丸と読めますね。

山下汽船の持ち船の喜佐方丸

山下汽船の創立者の山下の出身の地名をつけた船。

遭難したのはかなり昔、大正時代のようです。http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00830411&TYPE=IMAGE_FILE&POS=1

今は忘れられているのか訪れる人も無いのか?慰霊碑の周りのコンクリートブロックが壊れています。

会社の浮き沈みで犠牲になった方たちが忘れ去られたのか、又、遺族が全て亡くなったのか?

こればかりは、当事者のみ知る。

ところで、山下汽船に関してのトリビア……この会社に、石原慎太郎氏、石原裕次郎氏の父親が勤務されていたこともあります。へえ~~~~。(何ヘェ~~いただけるかしら?って古っ!sweat01

夕飯献立

31日31

天ぷら、サラダ、五目豆

1日夕飯

手抜きの為、今日は刺身だけに登場願いました。Sasimi_2

鰯に脂が乗っていて美味。

2日昼食は外食

お外で豚カツ定食Photo_8

夕飯は少し軽めに

ゴーヤのナムル。クーブイリチー

クーブイリチーは友人より教えていただいた沖縄料理2nichi_yuuhann

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

秋芳洞、黒谷支洞

昨日よりの続き

黒谷支洞へと入ります。

トンネルで秋芳洞と繋がっています。Photo

トンネルを抜けると直ぐに石灰華の滝Photo_2

その隣に大きな石筍

この洞を守っているかのごとく聳え立っています。

名前を見ると・・・「岩窟王」

そのまま、ぴったりのネーミング(写真は露出不足でボツ)

この支洞は狭く華やかさは無いのですが、本来の鍾乳洞とは…という展示方法がなされているようだなと感じました。

アップダウンも厳しく周りを見ながら足元も気をつけなければ…Photo_3

マリア観音(石柱)

くらげの滝登り
壁面をまるでくらげが登っているようです)Photo_4

五月雨御殿(写真は有りません)上から絶えず地下水が落ちてきてます。

この先は支洞出口になりますが、此処で地上に出てしまうと、駐車場までかなりの距離を歩かないといけない。

回れ右をしてきた道を戻ります。

さっきからすれ違う人たちは、此処でUターンしたのでしょうね。

来た道を、違う角度で見ると、別の発見があります。

1粒で2度美味しい  正にこの言葉がピッタリ!!

洞内の暗いところから外の明かりが見えてきました。Photo_5

外気の暑さが…

中は本当に涼しかったのです。

長袖でも良かったくらい。

Semisigure 外に出ると、とたんに蝉時雨

水の流れは涼しげですPhoto_6

これにて秋芳洞を離れます。

今日の予定はもう一つ。

母のふるさとの美味しい水を汲んで帰ることも予定

県道を走ること30分弱

於福の道の駅

前回来た時は、裏手に田圃やはたけがあったはず…何時のまにかブルーベリーの観光農園に変わってる。

足湯も有って、先程歩いて疲れた足を浸して、アー極楽。

道の駅より車で少し行ったところに、美味しい水が湧いているところが有るんですよ。

知る人ぞ知る穴場かな?Photo

画面のぶれているところが水が湧いているところ。

Photo_2 町内の水源、道の駅も此処から水を引いています。

まろやかな天然水。

こんな美味しい水が湧く所だから、美味しい果物もなるはず。

今月の中ごろには梨狩りのシーズンになります。又来なくっちゃ。Photo_3

「おいでませ山口」

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

秋芳洞開洞100年

山口県の真中当りの秋芳町。

カルスト地形の秋吉台の地下に鐘乳洞の秋芳洞

http://www.karusuto.com/html/02-learn/02-akiyoshido.html

http://www.karusuto.com/html/eventcalendar/200907-09.html#event09

この2つがこの町の観光資源の多くを占めている

古くから多くの方が訪れています。

http://akiyoshidai.cool.ne.jp/z0913.html

このたび開洞100年記念イベントで、

「響ファンタジー・水と大地の神秘」と題され、証明デザイナーの石井幹子氏プロデュースによる洞内のライトアップが行なわれています。

明日2日までなので、これは見に行かないといけませんね。

昼間での仕事を終え、彼を急き立てて、cardashゴー!!

先日までのrain豪雨の影響で、途中の道路則面が崩れている箇所が何箇所か見受けられます。

この地域も大変だったのでしょう。1

鐘乳洞の入り口も洞内から流れ出る水がドウドウと音を立てて流れ出しています。

最近は水の量がやや減っていたようだったのですが、今日の状態を見る限り昔の様子を思い出しますね。Photo

小さい頃に、遠足で来たとき、当時の技術ではLEDライトなどあるはずも無く、蛍光灯の照明でした。これは生態系に重大な影響を及ぼすことに、

今回のライトアップも自然破壊にならないように考慮された物。1_2

ファンタジーの世界に紛れ込んだ。Photo_4

音楽と共に幻想的な光が…Photo_5

Photo_6 天井部分から雨水に溶け込んだ石灰分が雫型に垂れて行き、2,3センチ伸びるのに400~500年かかる。これが下に行き着き柱状態になるには、天文学的数字になるのです。

その頃まで人類が生き延びているでしょうか?

秋芳洞の一番の見所黄金柱Photo_7

時間によって変わる光線の色でこんなに様子が変わるPhoto_9

子供の頃に見たこの柱はもっときらきらスベスベしていたのですが、最近は上からの水が流れてこないから、カサカサ状態。(まるで誰かさんと一緒だって?)

此処で秋芳洞のルートは終了

これより黒谷支洞に入ります。今日はこれまで又明日のお楽しみ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ おばちゃん主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »