« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

鯵の南蛮漬け

同僚から「豆アジ」をたくさんいただきました。

さあ何を作ろうかな?(*^-^)

フライにするには少し小ぶりpisces

それなら、restaurant揚げて、南蛮漬けを作りましょう。

セイゴを取りハラワタ、エラを除いて、酢につけ身を締めてから

小麦粉、片栗粉をあわせたものを付けて油で揚げる

漬け汁は、酢、醤油、みりんを合わせて作り、

玉葱、人参、ピーマン等野菜をスライスした物を漬け汁に入れておく

油で揚げたアジを熱いうちに、漬け汁につける

ひい、ふう、み、よ、と数えて行くと60匹近くありました。

スポンサーの彼女に明日持っていきましょう。

気にいっていただけるのかな?

彼女の実家は漁業従事ですので、新鮮な魚が何時も食べられます。

サラリーマン家庭では考えられないくらい贅沢。羨ましいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雪が降りました

昨日この地でも雪が降りました。

曇り空からちらほらと雪snowが舞っているうちは

「あー今日もこんな天気」で積雪なんて考えもつかなかった。

少し前から腰の痛みを訴えている母に
整形外科の受診をしきりに勧めている家の彼、
何か魂胆あり?年休の消化を、母の通院を理由にしたいらしい。

動機は不純だが、まあいいっか!

P1040515snowは昼頃から少しずつ静に降り積もり、夕方には酷くなり、

dog犬のお散歩の頃には前が見えなくなるほどになりました。

dogコロン(犬)は若い頃は庭駆け回るdash…の歌のように元気に雪の中を走ることが好きで25したが、
この頃は、雨rain、嵐typhoon、雪snowなど苦手になりました。飼い主に似たのかな?

近くの路地も雪景色

こんな風景も久しぶり

251子供の頃はこれ以上積もっていたような記憶がありますね。

母などは、かなり山奥(?)といえば語弊がありますが、

雪深い山間部で育ちましたから、こんな雪平気。

かなり楽しんでます。

Photo お隣の大王槙も雪化粧

綺麗です

以前皇室の悠仁様のshineお印の植物shineと言う事で、

お隣さんと会話が盛り上がったものです。

この雪も明日には融けてしまうのでしょうね。

この程度の雪で大騒ぎ…雪国の方々には申し訳ないですね。

これでもtvニュースになるのです。

雪の為にcar交通事故が多発しないように願うばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

結婚準備

同じ職場の子、2月の結婚式winewineに向けて着々と準備が整っているらしく、

Photo_2 今日も可愛いパンフレットloveletterを見せていただきました。

中をちょっとのぞきます。

eye

ふむふむchickchickchickchickchick

2 赤ちゃんの時のcamera写真、

eye二人並んで、

まるで、兄弟のように見えますね

2ヶ月?の年の差カップルhappy01

1 初めての出会いの感想

彼 曰く
細い!!(あの頃は本当に細身でしたdelicious)」

彼女 曰く
おっさんみたい(そうでしたね、変に大人っぽいところと
子供が同居していた子でしたよ)」

こんな、二人が新しくhouse家庭を作ります。

皆さんよろしくお願いしますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

残念です

毎日国道を行き交う車の騒音良く聞こえる我が家です

今日もピーポピーポと救急車が行きます。

どんな理由で利用されているか解りませんが、重病か怪我か、良くなれ、助かって欲しいと案じます。

今日のニュースで救急車の担当者の勘違いで搬送が遅れて死亡の見出しを見つけました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090119-00000128-mai-soci

知り合いに救急隊の方が居ます。ストレスで、今は職場より離れていらっしゃる方に久しぶりにお会いしました。

私達と違って非日常の世界なので、気が休まらないようですね。

患者のたらいまわしで死亡や、違法駐車で搬送が儘なら無い、昨今の状況は決して良くは無いですね。

救急隊の方々に頑張って欲しいとエールを送ります。(今回の事件は決して擁護できるものではありません。こういう事故で愛する家族を亡くされた関係者の方たちに哀悼の気持ちを送ります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族の記念

Photo_7 瑞樹の写真撮影です。

Photo この頃は宮参りの当日に記念写真はしないらしい。

母親やご当人の体調など考慮しての事だとは思うが、
日にちを改めても1時間以上掛けての撮影はしんどい。

Photo_2 瑞樹の着物は、ママがお宮参りの時に着た着物。
ママのお母さんが大事に保管されていた物です。
几帳面な方です。
瑞樹はベビー服から着物へと。
何をされるかなと、心配顔の様子

Photo_3 今日の撮影は、結婚式の時の写真家さんと同じ方でした。
お髭の形がマリオそっくり、「マリオ先生」とあだ名を付けていました。

Photo_4

瑞樹は気難しいから、ご機嫌を一生懸命とられて、商売とは云え大変です。

Photo_5 なかなか笑顔が出てこない。
大人の私達でさえ緊張してヘトヘトでしたから、
瑞樹はもっとくたびれたでしょうね。

Photo_6 パパとの2ショットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厄年

家の彼の同僚Yさん今年60になります。

昨年から、家庭内houseや職場buildingに揉め事が…

長年連れ添った奥さんにangry三行半を突きつけられてpunchdown

すっかり落ち込んでdownwardright彼に相談に来た。

当初は、「お前にも責任はある、好き勝手にしているくせに。」

と端から相手にせず、とこんな感じでいたのですが、

どうも可哀そうになり、今日少し話し相手になったらしいsweat01sweat01

自分の経験から、余り家庭内houseのことには触れないように、

色々と話をしていく内memopencilに慰めとはいかないけど

「厄年なんだから、厄払いして見てはどうなんだい」

「そうか、仕事に追われてdash考えたこと無かった」

何か吹っ切れたようです。think

後厄になるようですが…早めにいかれたほうが宜しいようで…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

長府にて2

Photo_11 壇具川に鴨が居ました。

鯉は以前にこの川で泳いでいるとの情報は掴んでいました。

Photo_7 泳ぐ姿は見ていても心和む

寒空に冷たい水に浸かっていて冷えないかな?

何時も疑問に思う私ですが…

  Photo_8つまらない疑問ですよね。

道行く人が餌を与えているのでしょうね。

何かを啄ばんでいます。

Photo_9視線をちょっとそらすと鴨の横を鶏が…

何処から来たのでしょう

向こう岸に観光客が

Photo_12 「エー鶏が居る」「どうしてどうして」

慌ててカメラを出そうとしていますが…

間に合いますか?

Photo_13 神社に放し飼いされている鶏が脱走したのかも

忌宮神社に居た鶏はカメラを向けていると動き回りだしました。

動かないで!とお願いしたら少しの間ポーズを取ってくれて、

可愛い、可愛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長府にて

Photo 長府の十楽にて食事restaurantをしました。

次男夫婦とお嫁ちゃんのご両親と、私達6人と孫瑞樹

この画像は入り口building

Photo_2

ランチを次男夫婦が予約をしていましたので

待つことも無くすんなりと

ランチのお品書き

5種のお料理にご飯味噌汁、漬物 後にデザートのシャーベットが…eye

Photo_3食いしん坊の私の欲望はどんどんアップupwardright

先ずはドリンク

殿方は昼間っからどんどん飲むわけにはいかず、

Photo_5アルコール分の少ないビール風味beerのドリンク

私達はジュースで乾杯winewine

  瑞樹のお宮参りの後のお疲れ様の乾杯と、

久しぶりの3家族の再会に…

誕生から100日のお宮参り。しんしんと冷え込む神殿にて神事は運ばれ

無事終わりました。

そういうわけなので、ホッと一息。

1 一つ一つ料理が運ばれてきます。happy01

刺身2種(ハマチと鯛)

新筍の木の芽和え

3 焼きフグと寒干し大根

生干しのフグを焼いたものに寒干し大根の酢の物

4 白身魚のかぶら蒸し

鯛の身をおろした蕪を掛けて蒸した物

5 揚げ物

よもぎ麩、えび、蕪、小芋を湯葉で巻いてあげたもの

6 ラスト、ご飯に味噌汁漬物、デザートのシャーベット

デザートは残念ながら写真は無し

4_2 瑞樹のお食い初めを…

この子は好き嫌いなく育って欲しいです。

可愛いモデルに臨時の撮影会camera開始

3_2 この頃は便利ですね。

携帯mobilephoneにデジカメどんどん撮って、良いものだけを残す

朝からもう100枚はgood撮ったかな?

帰って編集が楽しみです。

一通り食事が終わりましたが、

Photo_6 隣の席の子供達にお子様ランチが運ばれてきました。

これを見て、お嫁ちゃんと意見一致「注文しょうよ」

エビフライ、クリームコロッケ、スパゲッティー、

チキンライス、デザートのフルーツ乗せプリンと shineワオー豪華shine

お店の方々曰く「お子様は小さいと親が手伝って食べることもありますよ。」と。

何時も思うのだけれど、お嫁ちゃんは本当に幸せそうに食べる方。

こんな人と食事をすると楽しい。又どこかに行こうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

春が来た

新年早々に、告白されちゃいました!!heart04

男の方ではないのですよ。女性から…何と結婚winewineの報告だったのよ。

お昼の休憩後japaneseteaに、F田さんが

「ちょっと、話があるんだ」

「何?何かあったの」

「2月1日に結婚式ringがあるの。」

「フーン 誰の?」「エッ」

お昼の休憩仲間japanesetea、この子は何時までも結婚しないと勝手に思い込んでいる私だから
状況を把握するには少し時間がかかりました。アセアセsweat01
私と同様に皆さん「晴天の霹靂」の様。ポカ~ン、エッー悲鳴に近い感激の声。

F田さんは、高校を卒業し、この職場に就職して約10年近く。
勤務はハードで、朝10時から夜9時近くまで、此の職場に束縛されています。
こんな勤務で彼氏なんかできっこないcrying。と勝手におもいこんでいた私

お相手の方も顔見知りで、此の子は幼少の頃から見知っているから…
彼女より付き合いは深いのだ。エッヘン(此処で偉そうに言っても無駄だね)
彼がこの職場にバイトとして来た時からの縁なのでしょう。
ゆっくりとheart04
heart04を育んできた。

おめでとう、素敵な家庭を築いてね。

知人への報告は、自分からすると言われていたから、敢えてこのブログには載せませんでした。

そろそろ行き渡ったから、もう大丈夫。

このブログに訪問くださっている、OGさんの「べち子ちゃん」お知らせしますよ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

思い出

独身の頃の話

お昼に秘かな楽しみがありました。但し冬季限定snowなのですが…

学校を卒業して入社した会社で、

総合事務職penとして配属された職場は殆どが男性coldsweats01で私は姫の様に大事にされていました。

同じセクションにもう一人女性が居ました。

この方はかなりキャリアの方で、今で言う〇〇女史と云うアダナが付きそうな方です。

女史は、芋好きlovely

お昼に国道をリヤカーを引きながら焼き芋屋さんが通ります。

ちょうど目の前が国道で、2階の窓downwardrightから見えます。

ピーという笛の音が遥か遠くから聞こえてくると、もう ソワソワ

11時50分、あと10分でお昼ですwatch、という時間に通ることがしばしば。

2階の窓から、「おじさ~ん、待って、あと少しでお昼だから~」女史と一緒に叫びます。

時々上司にお目こぼしをしてもらって、フライングの駆け出し。

お財布moneybagを持ってダッシュ!!dash

おまけを貰ってホクホク、ホカホカshineの焼き芋を持って戻ってくると……deliciousもう幸せ。heart02

女史が転属になるまで、冬季限定snowの楽しみ。

上司が言います。「おならだけはしないでね」レディに向かってpout失礼しちゃうわ。

2階から「おじさん待って~」のコール。近隣の方々騒音公害でしたね。

今はリヤカーで売り歩く人もいない。車の焼き芋はいまいち美味しくない。何でだろ?

あのおじさんは元気だろうか?ご健存なら会いたいな!

サムガリータの焼き芋から連想で思い出しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

美味しい美味しい焼き芋

昨日に続き、食べ物restaurantつながり。

小さい頃、落ち葉mapleを集めて焼き、焼き芋を作ったことありませんか?

皮が焦げていい香りのする芋を頬張って食べた思い出。
その焦げた匂いも又味覚をそそる物です
アー思い出すともうたまりません。

12月11日の日記の『スペイン人「サムガリータ」dog』のパパがお上手に焼くそうです。

サムガリータdogが芋好き(?)なので思考錯誤の結果ベストな焼き方を発見したそうです。

①さつまいもを濡らした新聞紙で包みます。
②さらにアルミフォイルでその上を覆います。
③落ち葉等mapleを焼きます。炎が落ち着き殆ど残り火状態になった時にその中に入れます。
 炎が上がっているときに入れると焦げが酷くて美味しくないそうです。
④20分~30分その中で蒸らします。
さあ出来上がりshine。美味しく出来上がりますよ。

サムガリータは美味しいお芋と一緒でないとフードを召し上がりません。
なぜなのでしょうね。(サムガリータの前世は、青木昆陽か?)
これがいけるそうです。(日本語が通じませんので、定かではありませんが…)
一度通訳にお願いして伺いたいですね。happy01
ところで、落ち葉のストックが、底を突いたdangerサムガリータ家は、これから、何の素材で芋を焼くのでしょう?

ママに尋ねたら、今度から、松ポックリで焼くそうです。マタマタ美味しい香りが漂ってきそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

早くも苺の季節?

お正月のお休みの間、彼と私は

Photo すれ違いの勤務の為何処にも出かけられなかったのですが、

今日は連休さいごの日なので、

昨年息子夫婦と出かけた「花の海」までドライブです。

Photo_2此処はその昔、山陽町の頃干拓によって出来た農地です。

何年もそのままで荒れ放題だったところに、

3「花の海」の事業主がビニールハウスを立て、

現在の形にしていったのです。

苺のハウスはサッカー場3面分の広さに3棟立っています。

Photo_3足元は防水のシートが張ってあり歩いても足元は汚れません。

高い棚栽培なので、腰を曲げて苺を摘むというようなことも無く、

又小さい子供にも容易に楽しめる様にと、2段の段違いにもなっているので

Ichigo親子連れにも配慮があり嬉しい。

今日の苺の種類は「紅ほっぺ」「章(あき)姫」「ほのか」

どれをとっても今が一番美味しい。

Photo_4 小さい子連れの方とすれ違う

この子は、もう8個も食べたそうな。お腹が心配

だって、ハウスの入り口にこう書いてありました

Photo_5 「苺は、食物繊維が多いので、便秘解消になる」との事。

ハウスの中にはミツバチが、

この子たちがあちらこちらを飛び回り苺の受粉のお手伝い。

1  元気に頑張っていますよ

可愛いです。本当に働き者

Photo_7

お嫁ちゃんにお土産・・・これだけあれば良いよね。

Photo_8 帰路の途中にある温泉で足湯に浸かりました。

昔はドライブイン〇〇と言い、貝汁で有名でしたが、

この頃は天然温泉もうたい文句になっている。

足取りも軽くお家へまっしぐら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一年の計は元旦にあり

年末31日まで仕事を頑張り、明けて2日の今日からもう仕事なのです。

1日元旦に初日の出を拝みに行こうと思ってたのですが、

寒い、天気が悪いなんたらかんたら、理由を付けて、ストーブの前に愛犬コロンと戯れることにした。

優柔不断な彼と、私のコンビですものね。

日中テレビ三昧で、飽きちゃった。

2日からの仕事が待ち遠しいと思った私は、貧乏性なのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »